So-net無料ブログ作成

保育園でのこだわり クラシックとJAZZ [保育園]

PROJECT K : Kikko & Youki のアナログブログ
2019・9・10 執筆筆担当: Kikko376号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック
先々週のブログに書いたように
お陰さまでもうすぐ、こと実のり保育園を開園して3年になろうとしています。

開園の年の
10月から保育園を始めます!
と書かれたPROJECT Kからのサマ―カードを受け取ったYoukiの友人からの
なんだか、『冷やし中華始めました!』っていう感じでびっくりしました
という彼女のあまりにもセンスある感想にKikkoはうまく返事が出来なかった事を
今でもよーく覚えています。

その時は彼女の言葉のセンスに感心するあまり、あまり深くも考えなかったのですが、
今思えば
【保育園】という大変な仕事をそんな【冷やし中華】的に始めてしまって大丈夫ですか?
って彼女は言いたかったのでしょうね。

まあ~とにもかくにも3年続いています!
開園当初から一貫して守り続けていることのひとつが
『食』に対するこだわりです
野菜・調味料・肉・魚 全ての食材を安全なオーガニックで提供することです。
そして忙しいお母さんのためになるべくたくさんの食材を使ったメニューにすること
だから、こと実のり保育園では
カレーは絶対に出さないと決めています。
お手軽に栄養が得られる卵料理もお母さんたちの夕食に回して頂きたいので
なるべく使わないようにしています。


もうひとつ
Kikkoがこだわりたかったのに今まで実現できなかったことがあります。
それは
『こと実のり保育園』ではクラシックやジャズをいつも身近に聞いてほしいこと

でもやっとオーデイオも揃ったので今週から実行に移すつもりです。
ながすCDも決まりました。


Kikkoの大好きなピアニスト
ランランが最近出した珠玉の小曲集    
      優しく甘い音なのに甘ったるくない音
      力強い音なのに心地よい音
ランランはそんな音を奏でてくれます。いつの日か子どもたちがランランの事が好きな
ってくれたらいいなあ~♪
ランラン小曲集.JPG

若いころHideoから教えてもらったJazzの世界
なかでも、Bill Evans を聴くと心が癒され自宅が
どこのカフェより素敵な空間になります

ビルエヴァンス.JPG


ベルリン・フィルとカラヤンのよる永久不滅のCD 
アダージョ・カラヤン
             
アダージョがイタリア語で原義は「くつろぐ」という
音楽用語で遅い速度を表わすらしいです。
また、遅い速度で書かれた楽章や楽曲そのものを
アダージョと呼ぶこともあるようです。
聞いてみるとアダージョの意味がわかると思います

カラヤンアダージョ.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

子どもたちとの駆け引きのない会話からパワー頂いています [学習塾の生徒と]

PROJECT K : Kikko & Youki のアナログブログ
2019・9・03 執筆筆担当: Kikko375号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック

夏期講習の締めともいえる模擬試験も昨日、無事終了しホッとした気分で
美味しくビールを飲み終えたKikkoであります。

今年は今まで以上にがっつりと夏期講習に取り組みました。
「部活が終わったら夏休みも終わっていた!」という高校一年生のMちゃんと同じく
「夏期講習が終わったら、夏も終わっていた!」kikkoの2019年の夏でした。
連日遅くまで授業をしていると確かに疲れが溜まってくるのですが
一旦、子どもたちと顔を合わせ一緒に机に向かいあっているとすっかりその疲れは
吹っ飛び元気になるんですよね。

どうしてかな?って考えた時に
私たち大人の世界って腹の探り合いってことをしていませんか?
こんなことをこの人は言っているけれども実はこんな風に思っているんじゃあないの
かな?とか
このお得意先はこんな方だから、こんなふうに話をした方がいいのかな?とか
              これってひょっとして私だけ???
でも、子どもたちと話しをしている時って一切そんなふうに
考えることもなく率直に話をしたり話を聞いたりします。
つまり駆け引きのない時間を過ごせるわけです。
だからこそ私はパワーをもらっているのだということに気づきました。

ところが、子どもたちの学校での話を聞いていると大人の世界の縮小版的なところが
あり、彼らなりにいかにうまく付き合っていくのか?を考えながら悩みながら生活しているようです。

だからこそ子どもたちにとっても名西塾が駆け引きなく何でも話せる場所にならなければと思っています。同級生が通っていないことが意外と大切な事で学校が違うからこそ本音で話せるわけです。つまり、塾で話したことがどこかの誰かに伝わってしまってはまずいということです。大人の世界とまったく一緒なんです。

ここ一週間ほど前から、2学期の始業式に子どもたちの自殺率がぐっと上昇するという
なんとも嘆かわしいニュースが何度か取り上げられていました。
そこで2学期の始業式だった今夜の授業でみんなに聞いてみました。
「今日休んだ子はいなかった?」と
すると小学6年生の男の子が
「いたよ、一人。」
「えっ?登校拒否なの?」と心配して聞くと
「ううん、親の都合だってさ。」
「親の都合って何なんだったろうね?」ってますます心配になって聞くと
「そんなの旅行に決まってるじゃん、今だったら安いもん!」とかる~くさらりと答えてくれました。
そうか!そんな風な考えが自然に出てくるなら彼のクラスは全く問題ないなって思っては
みたものの、念のために他の学校・他の学年の子どもたちにも聞いてみました。
どの子の答えもみんな「休んだ子はいなかったよ」でした。よかったあ~

この辺りの小中学校はクラス数も少なく、きっと先生の目も行き届いているんでしょうね。
そしてお父さんやお母さんからも愛情をたっぷり受けているんでしょう。
子どもたちがこれからも健やかに勉学に励んでくれることを願った
2019年9月2日2学期始業式の夜でした。

≪おまけ1≫
 今日はHideoさんが人間ドックに行ってきました。先週のブログで話題にしていた
  ロコモ度テストの結果を聞いたところ
  「ふうん、20センチは出来たよ。さすが10センチは難しかったね」
   またまたガーン!!!!!!    やっぱり、来年までには何としても30センチはクリアーせねば!!!
≪おまけ2≫
  今夜、飲んだビールは目下Kikko のお気に入りのスペイン産INEDITです。
 スペインビール.jpg         

フル―ティながらスパイシイな香りがなんとも言えない
この季節にはぴったりのビールです。
なんだかマークがSapporoと一緒のような気がします。
Sapporoと言えばエビスもだ~い好きで~す♪

nice!(0)  コメント(0) 

ロコモ度テスト知ってますか? [好奇心]

PROJECT K : Kikko & Youki のアナログブログ
2019・8・27 執筆筆担当: Kikko374号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック

早いもので、こと実のり保育園を開園してもうすぐ3年が経ちます。

経験も心も豊かな保育士さんたち いつも笑顔で気の効いた配慮をしてくれる管理栄養士のKazuさん Micchanからバトンタッチした適応力の優れているNikuchan そして子どもたちに毎日美味しいご飯を作ってくれるSaemiさん

といった優秀なスタッフたちの力を借りながら
YoukiとKikkoはPROJECT Kの仕事も今までどおり継続しながら
二人三脚で走り続けています。

まだまだ順風満帆とは言えないもののお陰さまで
名西塾やランゲージスクール・名西と同じように
私達がやりたかった保育園に近づきつつあります。
これからも
子どもたちの一人ひとりの発想がぎゅっと詰まったブロックや
危なげではあるけれども諦めずに作り上げいく積み木のように
私たちだから出来ること
私たちしか出来ないことを
じっくりと諦めることなく
園児にもご父兄にも寄り添いながら信頼される
【こと実のり保育園】にしていきたいと思っています。


ここでちょっと話題を変え、私が来年に向けて取り組みたいもうひとつの積み木??
のお話をしたいと思います。
それは ロコモ度テスト用の積み木です(正確にいえばブロックです)
みなさんご存知ですか?
実は昨日、私とYoukiは人間ドックに行き初めてロコモ度テストに挑戦しました。
このボックスに座り両手を組んで片足はまっすぐ伸ばしもう一方の足で立ち上がり
その後3秒間そのままの姿勢でいられるか?というテストです。
両足ともできたか?片足だけか?両足ともダメか?で点数が違うのです。
とりあえず、40センチのボックスは両足ともクリアした後で
トレーナーの方から「これが出来れば充分ですが、30センチもやってみますか?」
と問われ「はい、やってみます」と答えたものの全然片足では立てなーい!!!!
「そうなんですよね、10センチだけなのに全然違うでしょ?不思議ですよね」と
慰めとも取れる言葉を掛けられた後に
トレーナーから全ての運動機能結果についての簡単な説明があり
私は思わず「来年までに30センチが出来るようになるためには何をすればいいんでしょうか?」と質問したら
「やはり、スクワットをして筋肉を鍛えることですかね~。
でも川瀬さんの場合は、これをキープすることの方が大切ですから…」
とにっこり笑って答えくれました。
全ての検査を終え、ロビーで会ったYoukiに
まず聞いたことは
「ねえねえ、何センチのボックスまでできた?」
答えるYouki
「20センチ、さすが10センチは無理だったね」
ガーン!!!
「凄いね。お母さん、来年までには30センチが出来るようにしようと思っているんだけれどもさ」と付け加えて言ったら
Youkiは誰に答えるともなく苦笑しながら「もういいんじゃない」と小さな声で言っていました(笑)
でもやっぱり、私は来年までにはクリアーしたい30センチ!!!
ロコモ度テスト1.jpg
10センチなんてどんな人ができんるんだろ?
ロコモ度テスト2.jpg
        ↑
これも同じくロコモ度テストに使われた歩幅を測るものです




nice!(0)  コメント(0) 

ミクちゃんと中村獅童の夢のコラボ@南座 [エンターテイメント]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchan のアナログブログ
2019・8・20 執筆筆担当: Kikko 373  号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック
久しぶりにアナログブログを書いています。
みなさま健やかにお過ごしでしょうか?
今年の夏は梅雨明けとともに猛暑に突入し、そのまま突っ走っている感じですね。
私、Kikkoは暑さと湿度に本当に弱く、エアコンのない世界は全く考えられません。

ちょっと自転車や徒歩で近くの銀行に往復するだけでも
『ああ~ああ~  もうだめだあ~  あっつい!あっつい!』
と、そりゃ大変な騒ぎになるのです。
なんだか、年々暑さに対する免疫力が弱まっているのかもしれません。
   でも高齢者になると暑さをだんだん感じなくなるっていうから、まあ~いっか!

そんな夏の暑さに滅法弱いKikkoですが、
6月のある日曜日の朝、カード会社から届いた雑誌の公演チケット販売の欄を読んでいた
Hideoから
「僕、今年のお盆は初音ミクちゃんの公演を観に京都にいくわ!」と声を掛けられ
「ふうぅぅん、いけば…」 と気のない返事をしておきました。
*ここんとこのイントネーションを文字で表わすのは難しいのですが
ちょっと語尾をあげます。日頃のKikkoの口調からご想像下さい 

「お互い、誘われたら断らない」いう暗黙のルールが二人の中にあり、そんなルールを守ってきたおかげで、一人だけの情報では得られなかった楽しい出会いや発見をしてきた私たちですが、さすがのKikkoもこの時ばかりは
【初音ミクちゃんはないわ!】って心底思っていました。
しかも【夏の京都】なんて名古屋とは違う暑さだって言われているし…

でも暫くしてから
「一人じゃあ、つまらないだろうから付き合ってあげようか?」とまたまた語尾をあげた口調
で優しく!?答え、8月14日のチケットを2枚、カード会社に申し込みをしました。

南座1.jpg

最初は乗り気でなかったことでも実際に
やったり行ったりすると
いつも楽しんでしまうのがKikkoなんです!!

南座近くの権平の親子丼は本当に美味しい
           ↓
権平親子丼.jpg

バーチャルな世界と歌舞伎の舞台のコラボは予想をはるかに超えた素晴らしいものでした。
女人禁制の歌舞伎の舞台で歌舞伎役者と美しい女性たちが一緒に踊り演じている舞台は
超歌舞伎だからこそできたあでやかできらびやかなものでした。
さらに歌舞伎の舞台としてもかなり本格的で
アクションシーンも多く
かなり重いであろう衣装に身を包んでの休む暇もない激しい立ち回りや
終盤のミクちゃんとの宙乗りなどは飽きさせることのない予想外の演出で圧巻でした。

舞台の幕が開く前の「サイリウムで舞台を盛り上げよう!」とのお誘いには乗ることは
しませんでしたが、こんなことなら、こっそりと誰かから借りてくればよかったと後悔してしまった程の盛り上がりでした。

普段の歌舞伎ではなかなか屋号って掛けられないものなんですが、
どんどん掛けましたよ「よろずや~」ってね
もちろんスタンデイングオーベーションでカーテンコール

「写真カモーン!!!」の獅童君の声にみんなのボルテージは上がりっぱなし
南座2.jpg
南座3.jpg
中村獅童君、メチャかっこよかったです♪
私もどんどん撮っちゃいました。
偉そうに聞こえるかもしれませんが、中村獅 童君を見直しました。
最新のテクノロジーを駆使した舞台をパワフルに観客を惹きつけながら演じられるって
若さだけでは無理なことで、やはり歌舞伎の芸を基礎からしっかりと磨いてあげてきた
からこそ出来た舞台だと思うのです。
これからも新しい風を歌舞伎界にミクちゃんとどんどん送り込んでもらいたいものです。
いつか、パリ公演をやってほしいな~ パリジャンから絶賛されること間違いなし!

南座Hideoさん.jpg     
本当にいいものに誘ってくれてありがとう、Hideoさん。  
nice!(0)  コメント(0) 

Kikkoのアンチエイジング三種の神器 [Kikkoのこだわり]

 
PROJECT K : Kikko & Youki & Micchan のアナログブログ
2019・5・28 執筆筆担当: Kikko372号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック

自転車転倒事件からほぼ2カ月が経ち
お陰さまであのパンダ顔面から以前の顔に復活いたしました。
あまり、美容には関心のないKikkoもさすが
このまま、あざのように残ったらどうしよう???
と不安がよぎり、出来る限りの努力をしてみました

名付けて
Kikkoのアンチエイジング三種の神器
下の写真です。治った今も続けていますよ


左から 
無農薬レモンをミネラルウォーターに一晩冷蔵庫に入れておき朝を起きたら飲む
このストロー付きガラス容器はKikkoのお気に入りなんです
真ん中    
ブロッコリーのスプラウト サラダなどに加え毎日1パックが目標

昆布を一晩ミネラルウォーターに一晩冷蔵庫に入れておきチョコチョコ飲む
昆布のヌルッとした成分がダイエットにもいいらしいです

アンチエイジング.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの号泣?の日 [学習塾の生徒と]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchan のアナログブログ
2019・5・21 執筆筆担当: Kikko371号
★公式HP www.project-kk.info 是非チェック!

先週はMicchan がPROJECT Kを卒業する前にアナログブログを書いてくれました。
本当は卒業論文風に書きたかったらしいのですが、
先週のブログにも書いていたように
私Kikkoの「あんまり、上手に書かんでね。あとが書きづらいから…」っていう
リクエストに対応してくれたので、いつものサクサクって感じが出ていて
楽しくもあり、でもなんだかぐっと胸に残るブログを書いてくれて嬉しかったです。
そんなMicchanは引き継ぎもしっかりしてくれ先週の木曜日に無事PROJECT Kを卒業し
昨日が彼女の再出発の日でした。
ビシッとスーツで決め、地下鉄で初出勤を決めたのかな??

「もぉー、ほっておいてよ、先生!!!」っていう声がどこからとなく聞こえてこそうです(笑)

先週のブログでMicchanが言っていたように
○○才になってなお、夢に向かって次の仕事を始めるって本当に素晴らしいことですよね

その話を聞いたときに
『夢』か~ 私の『夢』ってなんだろう??
もう『夢』なんてもう抱いてないなあ~。今の仕事や状況をどうやって守っていくかしか考えて
いないな~
って自問自答してしまいました。
でもMicchanの送別会やら何やらをやっていくうちに自分なりの答えを出してみました。

Michhanは夢を追いステップアップしていく!!!

私たちは今ある仕事をさらにやりがいのある仕事にしていく!!! これこそが私たちの夢なのかも 
 
号泣の日PARTY.jpg

そして早くも先週の金曜日には
ごうきゅう(号泣??)PARTYを開きました    
5月9日生まれの名西塾の卒業生 
丈君・北河君のお誕生日PARTY 
もちろんMicchanも参加しましたよ


nice!(0)  コメント(0)